1日参加についてのご案内

1日参加は期間中、何回でも可能です。棋友をお誘いの上、お気軽においで下さい。

〈 期 間 〉 2018年2月11日(日)~2月13日(火)。14日休み、2月15日(木)~17日(土)
受付は9:00から始めます。
〈 会 場 〉「静岡市民文化会館」「紅葉山庭園」
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2番90号 TEL 054-251-3751
〈 会 費 〉1日2,000円(当日会場で受付、昼食は出ません)

【イベント内容】
※ プロ棋士の指導碁が受けられます。プロ棋士6日間で47名(うち17名女性棋士)が参加します。プロ棋士から指導を受ける、又とないチャンスです。指導の棋士は1日5~6名で、1人5~6面打ちを1日3回、行います。対局するプロは1時間前に抽選で決めます。抽選に漏れた方は、次回の抽選をお待ちください。置石自由、お1人1日1局です。

※ 自由対局は1日中打てます。国内はもとより海外の囲碁愛好家とも楽しい親善交流が、できます。
和室で足つき碁盤での対局は、日本古来の対局風景。ゆったりとした気分で対局してください。会場は、文化会館和室と紅葉山庭園茶室の2ヵ所で行います。
碁笥は桑、黒檀、紫檀、鉄刀木、花梨、楡、竹、等30種類を使用し、脚付き碁盤は、6寸から3寸まて50面、榧、桂、銀杏、欅等、いろいろ揃えました。
対局は、中机の上に碁盤を置き、椅子で対局するので、足は疲れません。
駿府城公園の中の紅葉山庭園茶室では20面用意いたします。庭付きの茶室で、外の風景がとても素晴らしい所です。(市文化会館の和室は30面用意致します。)
3回対局しますと、勝ち負け関係なく記念品を差し上げます。また、期間中、15局
以上打ちますと、賞品を贈呈致します。

【そ の 他】
▽ 会場近くに駿府城公園、浅間神社があり散策に良い所です。

▽ 浮世絵展 日本伝統文化の浮世絵、江戸時代の囲碁風俗が描かれています。200点ほど展示、日本初公開です。 〈会場〉静岡市清水区由比297-1「静岡市東海道広重美術館」

【 問合せ先 】
〒420-0037静岡市葵区人宿町1-1-6碁席「爛柯」
・実行委員会   〈TEL〉054-252-8934 〈FAX〉054-252-9005
・静岡市文化振興課〈TEL〉054-221-1040 〈FAX〉054-221-1407
・徳川みらい学会 〈TEL〉054-284-9660 〈FAX〉054-284-9650
・囲碁サロン梅艶 〈TEL〉053-833-2115 〈携帯〉090-6648-2115